スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学研究科 機械工学専攻 

機械工学は、自動車、鉄道、ロボットや各種産業機械だけでなく、半導体の製造装置、医療用機器等の幅広い分野で必要とされています。21世紀に入って、資源浪費型の生活から資源循環型の環境に配慮した福祉社会への転換が迫られています。資源やエネルギーのリサイクル装置の開発や福祉を目的としたロボットの研究、省エネを目的とした新しい形式のエンジン、環境に優しい材料開発など、機械工学は次代が求める新しいテクノロジーへと適用範囲を広げています。

機械工学専攻について

1.

特論科目で知識を高め演習・実験で研究への橋渡しを

本専攻では、研究を専門分野の境界領域へと拡大し、教育・研究を高度化することを目指しています。博士前期課程の教育カリキュラムに大学院における高度な教育を意図した特論の科目を置き、学部の機械工学の知識をさらに高めています。また、演習・実験の科目では、独自の教育方針にしたがって教育と研究の橋渡しとなる授業を実施します。

2.

二年間で一つのテーマを追究する「機械工学研究」

博士前期課程の二年間を通じて機械工学研究Ⅰ・Ⅱの科目を置き、担当教員の指導のもと、決められたテーマの研究を行い、その成果は積極的に学会等で発表することを推奨しています。さらに最終的にまとめられた修士論文は、大学院担当教員全員によって厳正に審査。博士後期課程に進む院生には、優秀な研究者として育成するため、研究業績豊富な担当教員によって的確に教育や研究上の指導を行う体制を整えています。

3.

高度な研究・教育を担う最新設備が充実

熱・流体・エネルギー関係では、衝撃波プラズマ可視化解析装置、振動燃焼シミュレーション装置、スターリング極低温冷凍試験装置、相変化高速可視化装置など、機械工作関連では、NC機運動精度測定装置、水晶圧電気3分力測定装置など、材料・機械要素試験関連では、高速度試験機、真空高温低サイクル疲労試験機など、機械力学・システム関連では、鉄道模型車両走行試験装置、産業用多関節ロボット装置など、最新の設備を揃え、研究態勢を整えています。

このページの先頭へ戻る