スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学研究科 電気工学専攻 

電気工学は常に時代の先端をゆく学問分野であり、社会的にも広く人材が求められている専門分野です。教員は教育活動のみならず、研究活動を通じて学生の専門分野の学力と柔軟な問題解決能力を育成しています。電気工学の学問体系である、電力・エネルギー、情報・通信、マテリアル・物性の3つの分野を網羅して、学生の旺盛な知的好奇心にも応えています。学生には国内外の学会での論文発表経験を積ませるよう心がけており、留学生との交流など国際的な環境の中で、専門性の高い研究活動ができます。

電気工学専攻について

1.

四つの柱のもとで高度な研究活動を展開

本専攻では、指導教員の専門分野に対応して、①電力・エネルギー・電動力工学分野、②情報・通信工学分野、③半導体デバイス・電子材料工学分野、④数理工学分野と四つの柱を立て、教育・研究活動を行っています。指導教員は電気工学のそれぞれの分野で高度な研究開発に携わり、いずれも豊かな経験と確かな研究実績を保有しています。博士前期課程では指導教員の指導のもと、研究分野について学会発表を行えるまでの研究活動が求められており、博士後期課程では学術論文雑誌に論文が掲載されるまでの研究活動が求められています。

2.

「特論」「特別講義」と演習・実験で深める専門分野

博士前期課程では、電気磁気学特論、電気工学特論、パワーエレクトロニクス特論、電力工学特論、電気機器特論、制御工学特論、電子情報工学特論、物性工学特論という各分野ごとの「特論」と、それに対応する演習・実験を設けています。また博士後期課程にも同様のテーマでさらに専門性を高めた「特別講義」があります。

3.

各分野の研究活動に資する充実した施設・設備

本専攻が有する特色ある施設・設備としては、電気自動車、シャシーダイナモメータ、直流高圧発電装置、クリーンルーム、デバイス試作装置一式、DC・RF特性評価装置、各種単結晶育成装置、強誘電体・電束密度・電界履歴曲線観測装置、極低温電気物性測定装置、デバイス用超高加速走査電子顕微鏡、電磁界解析ソフトなどが整っています。

このページの先頭へ戻る