前のページに戻る

電気工学専攻 専攻案内

概要

 電気工学は常に時代の先端をゆく学問分野であり、社会的にも広く人材が求められている専門分野です。教員は教育活動のみならず、研究活動を通じて学生の専門分野の学力と柔軟な問題解決能力を育成しています。電気工学の学問体系である、電力・エネルギー、情報・通信、マテリアル・物性の3つの分野を網羅して、学生の旺盛な知的好奇心にも応えています。学生には国内外の学会での論文発表経験を積ませるよう心がけており、専門性の高い研究活動ができます。

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 電磁気や回路、計測・制御、情報・通信等に関する基本的知識と理解力を有する人。
  • 電気工学の体系を身につけ、将来社会に対する応用力並びに課題や問題点に対する解決力を持とうとする人。
  • 電気工学専攻が掲げる目的を理解し、それを遂行する意欲がある人。
  • 自ら学ぼうとし、発信しようとする人。
  • 電気工学分野に関する知見を的確に表現できる人。

博士後期課程

  • 前期課程の研究概要又はそれに相当することについて説明することができるとともに、専門分野の動向を把握し将来への展望を有している人。
  • 電気工学の体系を身につけ、将来社会に対する独創的な解決力や応用力を持とうとする人。
  • 電気工学専攻が掲げる目的に共感し、それを遂行する意欲を有する人。
  • 自ら学び、社会的意義を含め広い視野を持とうとする人。
  • 自らの研究分野における知見を社会的意義を含め表現できる人。

電気工学専攻の最新情報