スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学研究科 心理学専攻 

表現を用いた心理療法および投影法心理アセスメント

教授 石井雄吉(臨床)

臨床研究は実践から生まれてくるものであり、クライアントの利益につながるものでなければならない。したがって、臨床研究者は、研究者である前に信頼される臨床家であるべきと考えている。これは本研究室に所属する院生に対し、何よりも伝えなければならないことと思っている。なお、院生の研究・実習は大学病院・精神科病院等の協力を得て行っている。研究領域は、主に青年期・成人期の精神疾患について、表現を用いた心理療法や投影法アセスメントである。

成人期における発達と適応に関する研究:生涯発達心理学

教授 岡林秀樹(一般)

成人期における発達と適応に関する研究に取り組んでいる。現在は、中高年夫婦の自己調節方略やパーソナリティが自分自身の幸福感だけではなく、配偶者の幸福感に及ぼす影響を明らかにすることに関心を抱いている。SOC(補償を伴う選択的最適化)やコントロールなどの自己調節方略が中高年期の適応にいかに有効に作用するのかについての理論的解明を目指している。実証的な調査研究に基づく縦断データやペアデータの解析が主な研究手法であるが、生涯発達心理学における研究方法論の確立についても関心を抱いている。

臨床心理学 心理アセスメント

教授 黒岩誠(臨床) kuroiwa☆psy.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

医療のフィールドでの仕事が長いため、本専攻では病院臨床を担当している。併行して学生相談を続けてきており、教育システムの中での学生相談のあり方を検討している。近年、中学・高校へとフィールドを広げ、生徒、学生の不適応全般へのサポートシステムのあり方の検討へと興味は広がっている。臨床の主要な領域としては神経症レベルのカウンセリング。一方心理アセスメント領域では、開発を含め、パーソナリティー、創造性、適性の評価といった尺度の適切さに関する基礎的研究を行っている。

学校における心理臨床

教授 小貫悟(臨床)

学校における子どもたちの不適応を研究テーマとする。このテーマは①スクールカウンセリング、教育相談などの手法・技法に関する研究、②通常学級に通う発達障害(LD、ADHD、高機能自閉症)への心理教育的アプローチの研究からなる。学校臨床の課題は学校現場のなかに入ってみないとわからない側面がある。本学のスクールカウンセラー・インターン制度などを利用して、臨床の生の体験から学ぶことを学生諸君には求めている。

知覚心理学・知覚理論史

教授 境敦史(一般)

認識とは、見たり聴いたりして、外界について何かを知ることであり、知られるべき何ものかと知る我々との相互依存関係としてこそ成り立つと言える。どのようにすれば、認識を最も的確なかたちで心理学的に理解できるのか。このことが、私の研究テーマである。特に、聴知覚の群化、聴覚を介した事象の知覚、運動の視知覚などについて、実験を行っている。また、アメリカの知覚心理学者、J.J.ギブソンの理論を実験心理学史の文脈から再検討することを軸に、知覚研究のあり方について考察している。

神経心理学、認知リハビリテーション

教授 柴崎光世(一般)

脳血管障害や交通事故などに由来する脳損傷の後遺症のなかで、近年、言語障害や記憶障害、あるいは注意障害といった高次脳機能障害に関心が高まっている。認知リハビリテーションは、神経心理学や認知心理学、及び学習心理学の領域で確立された理論を拠り所に、高次脳機能障害に対して治療的なアプローチを試みようとするもので、これに関する基礎的研究の一環として、特に、脳損傷者の視覚性認知障害を中心に、その評価と診断法について研究を行っている。また、最近は近赤外分光法(NIRS)を用いた人の高次脳機能に関する心理生理学的研究もあわせて実施している。

社会心理学、社会的認知研究、態度の形成と変容

教授 林幹也(一般)

態度とは、対象への“好き”あるいは“嫌い”の形式で表現される我々の傾向のことである。 態度を測定したり変容させたりすることは、社会における人々の行動を予測・制御する上で必要なことである。研究テーマは、短時間のうちに効果的な態度変容をもたらす方法を追求することと、その背後の過程を明らかにすることである。特に、近年開発された態度の潜在的指標(潜在的連合テストや情動的プライミング等)を活用した実験に注力している。

学校臨床心理学、臨床心理相談面接技法論

教授 福田憲明(臨床)

学校臨床心理学では、学校における心理学的援助をいかに構造化し、実践していくかを、スクールカウンセリングや学生相談の心理臨床実践から検討する。個人への心理相談からグループアプローチ、さらに臨床心理学コミュニティ支援へと、広い視座で実践研究を行っている。心理相談面接に関しては、精神分析学と人間性心理学の立場から関係性やナラティブを鍵概念に検討することで、援助的な人間関係のあり方を探究している。またフォーカシング技法を通して、心と身体のつながりを検討することも関心のテーマである。

産業・組織心理学、働く人のキャリア発達に関する研究

准教授 尾野裕美(一般) hiromi.ono@meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

産業・組織心理学は、組織で働く人たちの行動や心理、そして個人と組織との関係を探究する学問である。社会に出て組織の一員となり協働が求められるなかで、働く人はさまざまな問題に直面することになる。産業・組織心理学では、個人がいきいきと働き、組織が活性化されるように、それらの問題を解決することを目指している。私は、働く人のキャリア発達を研究テーマとしており、とくに若者のキャリア焦燥感について量的調査と質的調査の両面からアプローチしている。

障害児心理学、応用行動分析学

准教授 竹内康二(臨床)

応用行動分析学とは、社会的に重要な行動について、確実に影響する環境 変数(要因)を発見し、それを巧みに実践に応用して行動改善の技法を開発する 学問である。この学問に基づいたアプローチによって、幼児期から成人期まで、 様々な発達の段階で生じる行動上の問題を分析し、具体的な支援方法を開発 する。発達障害等の背景を持つ子どもやその保護者が対象になることが多いが、 研究の焦点は行動と環境の相互作用であり、障害そのものではない。

心身臨床心理学,臨床ストレス科学,認知行動療法

准教授 藤井靖(臨床) fu-ya29☆psy.meisei-u.ac.jp※☆部分に@を入力してください。

主な対象領域を教育(学校)現場と医療現場とし,心理療法の一つである認知行動療法(CBT)を専門としている。CBTの対象は領域横断的であり多岐に渡るが,心理社会的ストレスを背景とした身体の不調である心身症(特に過敏性腸症候群)や,拒食や過食を伴い,生命の危機にも関わる摂食障害,うつや不安を伴う疾患,不登校・いじめといった学校でみられる問題行動などを対象にした研究と臨床活動を行ってきた。また CBT は我々自身の日常生活や嗜癖,生活習慣の改善,ストレスのコントロールにも役立つ。知識の習得と実践を通じてその興味深さを体感していただきたい。

実験心理学・行動分析学

助教 丹野貴行(一般)

我々はなぜそのように行動するのか。行動の予測と制御を目的とし、行動の実 験的分析によりその制御変数を同定するのが実験的行動分析学である。研究 テーマは、行動とその後続事象との関係を扱う強化スケジュールである。動物 やヒトを対象とした実験により、種々の強化スケジュール下での行動の数量的 法則を明らかにする。そしてコンピュータシミュレーションにより、その法則を 説明可能な理論の構築を行う。最近では、そうした理論の神経基盤を探る行 動薬理学的研究にも着手している。

このページの先頭へ戻る