前のページに戻る

心理学専攻 専攻案内

概要

 博士前期課程は、①一般心理学コース、②臨床心理学コースの2コース制で、出願時にいずれかを選択します。一般心理学コースでは、実験心理学(知覚・認知・記憶・学習)、神経心理学、発達心理学、社会心理学、産業、組織心理学など幅広い領域におよぶ専任教員の指導の下で研究を深めます。臨床心理学コースは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から「臨床心理士養成第1種指定大学院」に認定されており、課程修了に伴って臨床心理士受験資格を取得できます。また、一般心理学コース・臨床心理学コースの両方において、心理職の国家資格である公認心理師資格に対応したカリキュラムを提供する予定です。

Point1

二つのコースそれぞれに特化したカリキュラム

Point2

研究を支える関連施設の充実

Point3

臨床実習環境の充実(臨床心理学コース)

アドミッションポリシー

博士前期課程

  • 心理学の諸領域に関する幅広い基礎知識を有していること。
  • 適切なデータ収集及び解析方法に関する知識を有していること。
  • 実験・調査・事例研究などの心理学の研究方法論を理解し、具体的な研究計画を立案できること。
  • 英語の科学的論文や文献を読み、その内容を把握できること。
  • 対人援助の高度専門職業人としての資質を有していること。(臨床心理学コースを志望する者、及び一般心理学コースを志望し公認心理師資格の取得をめざす者)

博士後期課程

  • 心理学の諸領域に関する幅広い基礎知識を有していること。
  • 適切なデータ収集及び解析方法に関する知識を有していること。
  • 実験・調査・事例研究などの心理学の研究方法論を理解し、具体的な研究計画を立案できること。
  • 英語の科学的論文や文献を読み、その内容を把握できること。
  • 研究成果を学界ならびに社会に還元し、学術や社会の発展に貢献しようとする意欲を有すること。

心理学専攻の最新情報