前のページに戻る

人文学研究科

人間性を追求し、学問と実践の融合を目指す

 人文学研究科は、英米文学、社会学、心理学の3専攻から構成されています。国際化や技術革新の波の中、急激に変わりゆく現代社会の中で、文化や社会、そして心を生み出す「人間性(Humanities)」とは、どのようなものなのでしょうか。本研究科では、「人間性」を明らかにするという課題に学問的に取り組み、学生一人ひとりが抱く問題意識を育み、既存の学問体系をさらに発展させる教育と研究の場であることを目指します。

英米文学専攻

 本専攻では、言語教育、コミュニケーション理論、言語学、英米文化・文学、比較文化・文学、異文化理解、国際関係論の各領域を通して、実践的な知識と技術の養成を目指します。本専攻の大学院生には、教室内の指導だけに留まらずに、学内および国内外の学会において、研究成果を積極的に発表する機会を与えています。教員志望者には、専修免許状の取得と、それに見合う実践的な教育技術を習得できるように指導しています。

社会学専攻

 社会の実態を科学的・実証的に明らかにしようとする社会学は、研究対象がきわめて広範囲に及びます。本専攻では、まず社会そのものと人間の生活の理解を深めること、そして研究方法として社会学・社会福祉学を活用できるようにすること、さらに自らの研究対象を理論的・実証的に研究することが指導方針となっています。カリキュラムは「社会学コース」「社会福祉学コース」の2本立てで、各専門領域の学問習得に力点を置く研究科目を縦糸に、院生個々の研究課題について指導する「研究指導」を横糸に、両者織り合わせて効力を発揮するよう編成されています。専門社会調査士資格が取得可能です。

心理学専攻

 博士前期課程は、①一般心理学コース、②臨床心理学コースの2コース制で、出願時にいずれかを選択します。一般心理学コースでは、実験心理学(知覚・認知・記憶・学習)、神経心理学、発達心理学、社会心理学、産業、組織心理学など幅広い領域におよぶ専任教員の指導の下で研究を深めます。臨床心理学コースは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から「臨床心理士養成第1種指定大学院」に認定されており、課程修了に伴って臨床心理士受験資格を取得できます。また、一般心理学コース・臨床心理学コースの両方において、心理職の国家資格である公認心理師資格に対応したカリキュラムを提供する予定です。

「大学案内」には、より詳細なカリキュラムや在学生、教員の声を掲載しています。資料請求は無料です。