前のページに戻る

応用経済学専攻 教員の主な研究テーマ

応用経済学専攻

計量経済学

 公的統計のミクロデータを用いた計量経済分析として、家計資産格差の推移や労働力方式と有業者方式による就業状態把握の違いなど、統計調査における測定の性質に基づいた分析を行っている。また、不完全データに関する統計分析の理論についても研究している。

iwaya/a/econ.meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

環境政策・環境経済学

 環境問題の分析には、環境税・課徴金や排出権取引制度など経済的インセンティブを利用した環境政策手段の重要性が増している。環境経済学の視点から、循環型社会のあり方と、そのための経済的手段に関する分析を行っている。環境保全の立場から、環境利用政策問題、地域間の環境投資、排出権取引制度などを最適制御問題として研究している。

munehisa.kasuya/a/meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

マクロ経済学

 これまでの研究領域は、大別すれば、(i)日本経済の景気変動(特に長期景気低迷)と金融政策効果の理論的・実証的分析、(ii)日本の経済システムの物価・実体経済の国際連動の理論的・実証的分析、(iii)景気低迷期で起こる企業と金融機関の関係の理論的・実証的分析、(iv)金融環境の変化と金融機関経営の理論的・実証的分析である。それぞれ、査読付論文等や、著書という形の業績として残されている。

sakamoto/a/econ.meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

流通経済論

 流通を取り巻く状況が水の流れのごとく刻々と変化するのは周知の通りであるが、今日、日本の流通は、かつて経験したことのない大転換期のただ中にあり、まさに「日本経済の縮図」といってもよいほどに様々な難問を内包している。近年の日本の流通をとりわけ大きく規定するのは価格破壊現象、流通の国際化、流通規制緩和、商店街問題などである。これらの流通諸問題について、流通弱者・国民本位の立場に依拠しつつ、理論、歴史、実態、政策など様々な角度から包括的かつ体系的な解明を試みている。

ahamada/a/econ.meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

国際租税法

 グローバルに展開される起業の経済取引に対する所得課税制度の在り方を研究する。近年の金融取引等の経済取引の多様化や国際化は、既存の国際課税制度の変革を迫っている。こうした問題点を踏まえ、各国のタックスヘイブン対策税制や移転価格税制等の国際的な所得移転防止制度の比較検討を行っている。

koji.yokota/a/meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

マクロ経済学

 労働市場に摩擦が存在する場合のマクロ経済の研究を行っている。労働市場に摩擦が存在するとは、労働者や企業が多様であるために、相手とのマッチングにサーチ活動を行う必要があるような状況を指し、とくに賃金の決定は、自由競争下のものとは異なるものになる。その中で、調整費用関数としての役割を果たす新規雇用費用関数が凸型である場合の経済に関心があり、分析手法を含め関連した研究を行っている。

柳 裕治やなぎ ゆうじ 客員教授

租税法研究

 税法全般を研究対象としているが、特に、法人の課税所得計算理論及び租税回避行為否認の法理について、さらに納税者の権利救済システムとしての租税争訟制度についても、わが国税法とドイツ・アメリカ税法等との比較法的研究を行っている。なお、研究指導領域は税法全般である。

takayuki.oishi/a/meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

ミクロ経済学

 市場と組織の分配機能や市場の制度設計に関わる理論研究に取り組んでいる。特に、仲介取引市場において仲介業者が市場に与える影響を、様々なミクロ経済学的視点から分析している。また、反双対アプローチと名付けた協力ゲーム理論の公理的分析手法を開発し、その経済学的応用に取り組んでいる。一方、不法行為に基づく損害賠償の経済分析を通じて、市場制度と補完的な法制度の問題についても研究している。

yuko.horie/a/meisei-u.ac.jp※/a/は、@(アットマーク)に読み替えてください。

財務会計論

 財務会計の概念フレームワークにおける根本的思考である「資産負債アプローチ」について、その理論を精緻化するための研究を行っている。概念フレームワークは、首尾一貫した会計基準を導き出すために、財務報告の基本目的および基本原理を整合的に規定した体系であり、会計基準設定のための理論的拠り所である。

財政金融政策

 財政政策および金融政策の制度設計について研究している。前者については、財政危機後の欧州で採用された公債の発行ルールがマクロ経済の変動に与える影響を分析している。後者については、近年多くの国で導入された金融政策委員会の意思決定とその制度的背景について考察している。

※研究指導及び論文指導の担当教員は2019年度以降若干の変更の可能性があります。

応用経済学専攻の最新情報