スマホ向け表示

前ページへ戻る

教育学部 教育学科 教科専門コース 社会コース 

すぐ近くにも小さな社会があって、そこに自分がいることを教室で教わった。

社会科の授業で知識を増やしていくほどに、自分のルーツや向かうべき未来、また現実や理想的な社会のあり方などについて考えるようになりませんでしたか。

社会科は、教室という「小さな社会」にて、地理・歴史・公民のそれぞれの側面から、平和で民主的な国家・社会に対する関心を育て、その形成者として必要な資質能力を養います。

子どもとともに、教師自身も成長をしていける教科と言えるかもしれません。

教科専門コース社会コースでは、幅広い内容と学力を養う社会科に対応し、現実を的確に把握・判断し、表現力を培うアクティブ・ラーニングによる実践的指導力の習得を基礎に展開。社会科の専門知識・技能を備えた人材を育てます。

<体験教育 体験談> 教育インターンシップ1・2

現場の楽しさと厳しさを知り、教師になりたいという気持ちがさらに強くなりました。

猪狩 優介さん 
教育学部 教育学科 教科専門コース 社会コース 4年   
東京都私立杉並学院高等学校出身

教師をしていた父の姿を子どもの頃から見ていて、高校時代に教師になろうと考えました。

明星大学を選んだのは、高いレベルで勉強がしたかったからです。

小学校の教師になるか、中高の社会科教師になるか、迷うこともありましたが、2 年生で体験した小学校での「教育インターンシップ」で子どもたちと触れ合ううちに、小学校の教師になりたい気持ちが強くなってきました。

また同時に教師の言動が子どもたちに与える影響の大きさを知り、生半可な気持ちではできない仕事だということも実感しました。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る