スマホ向け表示

前ページへ戻る

シェイクスピアと歌舞伎—「マクベス」をめぐって

シェイクスピア作「マクベス」を日本文化の土壌に移すと、どのような劇や映画になるのかについて講演を行い、日本の伝統芸能の観点と西洋演劇の観点から、シェイクスピアや日本と西洋の文化的特色について理解を深めていきます。また、実際に「マクベス」を歌舞伎舞踊に創作した「魔女たちの森」を日本舞踊とコンテンポラリー演劇で上演します。

講師等

<第一部>
 【出演】東路要氏、立花 志穂氏、花柳楽ひな氏
 【振付】東路寿美氏
 【構成・作詞】壱岐達朗氏

<第二部>
 【出演】劇団解体社、東路要氏、立花志穂氏、花柳楽ひな氏
 【振付】日野昼子氏
 【構成・演出】清水信臣氏

【コーディネーター・講演】
 明星大学人文学部(全学共通教育委員会 独語)
  教授 岡田恒雄

このページの先頭へ戻る