前のページに戻る

日本学生支援機構奨学金 「在学猶予願」の提出について

【学生サポートセンター】

 日本学生支援機構奨学金の貸与終了後も本学に在籍する学生は、インターネットから「在学猶予願」を提出することにより、在籍中は奨学金の返還を始めないようにすることができます。

対象者

 過去に奨学金の貸与を受けていた学生のうち、以下の(1)~(3)に該当する方
  (1)卒業留年生
  (2)明星大学大学院に進学した方
  (3)過去、在学届を提出後、卒業延期となった方

※2018年度適格認定で廃止、辞退となった方は対象外です。
 (5月に開催予定の貸与終了説明会に出席してください。)

提出期間

 2019年4月1日(月)~2019年5月31日(金)

提出方法

 スカラネットパーソナルにアクセスし、インターネットより提出

※手続きが遅れると、在学中であっても返還金の請求が開始されます。
※提出方法がわからない場合は、学生サポートセンターまでお越しください。