前のページに戻る

「キャリアデザイン特別講座」(明星教育センター・キャリアセンター共催)を行いました

【明星教育センター】

 10月から11月にかけて、明星教育センターとキャリアセンターが共催で「キャリアデザイン特別講座」を行いました。「キャリアデザイン特別講座」はこれから就職活動を始める3年生に向けて、社会に出る前に知っておいて欲しい知識を学ぶことを目的とした正課外講座です。今回は「法律」「労働」「資産」の3つのテーマのもと、各分野における専門家をお招きし講義を受けました。参加人数は3講座合計で332名の参加がありました。

10月19日(金)法律編

 神奈川総合法律事務所・弁護⼠嶋﨑量先⽣を講師にお迎えし、アルバイトや正社員として働く際に知っておくべき法律や権利について学びました。参加者からは「自分もブラック企業でバイトしていたので、もっと早く講座を受けたかった」「今回の講座で学んだことを参考に、企業研究の際に労働条件、離職率、不自然な求人広告など注意していくようにしたい」「自分の好きなことを職業にできても、その企業がどんな企業なのか前もって知っておかないと大変な目にあうかもしれないということを改めて知ることができた」などの感想がありました。

講義の様子
講義の様子

11月23日(金)労働編

 明星大学明星教育センター特任教授平塚大輔先生を講師に、労働に関する知識を学びました。平塚先生のこれまでのご経験をもとに、これからの時代の変化を予測した上でこれからどのような業種・会社が伸びるか、どのような働き方が主流になっていくのかを検証。最後には平塚先生から「無駄な経験はない、自分自身をしっかり確立し目標と達成経路を確立して欲しい」とのメッセージが投げかけられました。参加者からは「平塚先生の話に引き込まれた」「兼業、副業が認められていることを知らなかった」「自分は何者かを見つめ年齢に関係なく『学び』『経験』していくことが重要」「今は、会社に入ることが目的になってしまっていたが、そうではないことに気づいた」などの感想が寄せられました。

講義の様子
講義の様子

11月30日(金)資産編

 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社加藤敦氏および株式会社日本信用情報機構藤井佳代子氏を講師にお迎えし、加藤様からは生涯にかかるお金やローン・クレジットの仕組み、給与明細の見方等を学びました。藤井様からはローンを組む際の信用情報のお話をしていただき、計画的な返済の重要性を学びました。参加者からは「人生設計について、実際にプランニングを行うと人生が見えるようだ」「ローン、クレジットの違いや、信用情報管理会社のこと、給与明細の見方など、とても分かりやすかった」「就職後から劇的に変わるお金の付き合い方についての基礎知識を得られて良かった」などの感想がありました。

講義の様子
講義の様子