前のページに戻る

【理工学部】環境科学系の学生が日野市東光寺周辺で水質調査を実施しました

【理工学部支援室】

 2018年11月21日(水)、環境科学系の3年生が必修科目「プロジェクトVI」の一環で日野市東光寺周辺の水質調査をしました。環境科学系の「プロジェクトVI」は具体的な地域を対象に、開発計画に対する環境影響評価に取り組む授業です。
 今回実施した調査は東京都の環境影響評価条例の対象事業として、題材となる東光寺周辺の複数の開発計画(架空の土地整理事業:公園整備を想定)の環境影響を予測・評価するため、その根拠となるデータ収集が目的です。
 今後の授業では、収集した水質データに基づいて、「蛍が住めるような場所にしたい」という近隣住民の希望も盛り込んだ開発計画について、環境影響評価をしていきます。

東光寺調査
東光寺調査
東光寺調査