前のページに戻る

読売新聞と、J:COM「デイリーニュース」にて、教育学部が協力したイベントが紹介されました

【学長室広報課】

 2018年10月17日(水)に、「京王あそびの森 HUGHUG《ハグハグ》」にて開催された京王電鉄主催の親子向けイベント「子育てサロン~耳をすまして心ワクワク!音あそび・アニマルシアター~」において、教育学部の学生らが協力した様子が、読売新聞多摩版と、J:COMニュース情報番組「デイリーニュース」にて紹介されました。

 イベントは、NPO法人「『音』を『楽』しむONGAKUの会」と明星大学教育学部教育学科の学生による2つのプログラムで、午前・午後の2回行われ、午前・午後ともに親子連れが訪れて楽しみました。

メディア掲載について

読売新聞
 2018年10月18日付 読売新聞朝刊多摩版29面

J:COM
・番組:J:COMチャンネル「デイリーニュース」
・紹介内容:「子育てサロン ~耳をすまして心ワクワク!音あそび・アニマルシアター」
・放送日 :2018年10月18日(木)
・放送地域:八王子・日野
・放送時間:18:00~(生放送)
      20:30~、23:30~(再放送)

▼J:COMによる教育学部の学生へのインタビュー

取材の様子

▼「『音』を『楽』しむONGAKUの会による、楽器製作

「『音』を『楽』しむONGAKUの会による、楽器製作
制作風景

▼教育学部の学生によるアニマルシアター

教育学部の学生によるアニマルシアター
観覧するこどもたち
手遊びのようす
教育学部の学生たち