前のページに戻る

【人文学部】2019年度 国際コミュニケーション学科 認定留学説明会を実施しました

【人文学部支援室】

国際コミュニケーション学科では「自分で作る留学」をモットーに計4回の留学説明会を実施

 2018年6月18日から25日の期間、国際コミュニケーション学科では「自分で作る留学」をモットーに計4回の留学説明会を実施しました。今回の説明会への参加者は全62名に上りました。学生の留学先はヨーロッパ、アメリカ、カナダ、中国、タイなど様々で、毎年30~40名前後が留学に行っています。来年度留学を希望するた学生達は、今まさに「どこの提携校にしようか。」「どの期間に行こうか。」自分で調べ、悩みながら情報収集を行っている最中です。
 留学の準備はおおよそ1年前から始まります。留学説明会へ参加した後は、各自が時間をかけて吟味し行き先を決めます。その後は諸手続きへと進みますが、おおよそ6ヶ月前になると手続きと並行する形で留学Iという授業を履修し直前指導を受けます。この授業は留学から帰ってきた学生とともに受ける授業です。先輩がどんなことを勉強してきたか、現地での生活や文化についての気づきなど、留学に役立つ体験談や情報を数多く得られるので、これから留学に行く学生は海外留学の事前準備をじっくり重ねていくことができます。
 これらの過程を経て「海外にいってみたい」と漠然としていた理由が、次第に「異文化体験を通じて語学力を磨き、英語の教師になりたい、グローバル企業で仕事をしたい」などと明確なものに変わっていく学生が数多くいます。国際コミュニケーション学科では、学生が目的意識を持って充実した留学生活を送れるよう、留学に行こうと決めたその時から、行った後まで、継続したサポートを行っています。