前のページに戻る

【経営学部】伊藤ゼミの学生が日野市施設の運営スタッフを始めました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【経営学部支援室】

 経営学部 伊藤ゼミの金子晃輝さんと中山功大さんが運営している 団体「Luffsketch(ラフスケッチ)」 が、日野市の施設である「PlanT 日野市多摩平の森産業連携センター(以下、PlanT)」の受付を担当し始めました。

 PlanTは日野市が事業主体のコワーキングスペースであり、オープンなイノベーション環境の構築を目指して運営されています。

 Luffsketchは日野市を拠点に社会問題の解決に取り組む組織で、メンバーは金子さんや中山さんを中心に起業を目指した大学生で構成されています。
 Luffsketchの主な活動は、個人飲食店を対象にした街バル形式のイベント「ひのグルメ部」の企画・運営で、今後は様々なサービスとの連携を予定しています。

 Luffsketchの活動の一環として、2018年4月からPlanTの受付を担当し始めました。主に日曜日を担当しています。学生ならではの情熱とアイデアで、PlanT利用者の方々にサービスを提供します。

▼Luffsketchの金子さんと中山さん

Luffsketchの金子さんと中山さん

 
▼PlanTで業務中の様子

PlanTで業務中の様子