前のページに戻る

【情報学部】3/26(月)山中准教授が児童館でプログラミング体験イベントを行いました

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【情報学部支援室】

 2018年3月26日(月)、情報学部の山中脩也准教授が、情報学部、教育学部、理工学部や学内事務局および学外各所と連携協力しながら推進している「COPERUプロジェクト」(明星大学プログラミング教育連携研究ユニットの英文頭文字の略称)が、日野市児童館との連携協力の元、児童対象のプログラミング体験イベント「Play Programming !」を行いました。

 今回は、試験的に1回90分と短めに時間を設定した中でのイベントとして実施し、児童のみなさんに「プログラミング」に触れる機会を提供いたしました。

 今後は、発展的かつ連続的なイベントにしていくことを検討しています。

日野市児童館「Play Programming !」

(これまでの企画の実施一覧)
・2月21日(水)@まんがんじ児童館【終了:児童32名参加】
・2月25日(日)@みなみだいら児童館【終了:児童28名参加】
・2月28日(水)@しんめい児童館【終了:児童17名参加】
・3月26日(月)@まんがんじ児童館【終了:児童9名参加】

 また、COPERUプロジェクトの取組について詳しくは以下の関連URLをご覧ください。

■明星大学公式webサイト
(小学校段階における必修化を見据えた「プログラミング教育」を考えるイベント開催(2月23日・24日))
https://www.meisei-u.ac.jp/2018/2018021902.html

「Play Programming !」
「Play Programming !」
「Play Programming !」
「Play Programming !」