前のページに戻る

【情報学部】IT資格「CompTIA A+」集中講座・学内試験を実施しました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【情報学部支援室】

 2018年3月1日(木)、2日(金)、5日(月)および6日(火)の4日間、1~2年生を対象に、世界標準のIT資格である「CompTIA A+」(コンプティア エープラス)取得のための集中講座を実施しました。

 この資格は、コンピュータシステムやネットワーク、それらのトラブルシューティングなど、ITスキルを実践的に活用できるレベルの問題で構成されており、学部では3年生になった際のIT企業人とのトークイベントや、IT企業インターンシップの参加優先条件と位置づけて、講座受講料および試験受験料を助成することで資格取得を奨励しています。

 1月から2月にかけて行った事前テストや、PC分解組立・ネットワーク講義といった事前学修会を経て講座に参加した学生たちは、実機を交えた演習や、PC教室での模擬試験を中心に試験対策を行いました。

 「A+」は、2科目で構成され、社会人研修としても用いられる難関資格ということもあり、3月9日(金)、12日(月)2日間にわたって学内で実施した試験結果は、合格率35.4%でした。(17名合格/48名受験)