前のページに戻る

キャリア教育の実践と理論が体系立てて書かれた初の書『キャリア形成支援の方法論と実践』を出版

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【明星教育センター】

 キャリア支援におけるテクニカルスキルに関する本は多数出版されていますが、それとは一線を画し、キャリア教育の実践と理論を結びつけ、体系立てて書かれた初の書『キャリア形成支援の方法論と実践』(明星大学特任教授・菅原良 編著)が出版されました。本書の中では、明星大学における初年次教育の具体例についても紹介しています。

 キャリア教育を研究領域とする気鋭の研究者が、それぞれの専門に即した多様な切り口でキャリア教育を論じており、明星大学明星教育センター・落合一泰常勤教授、鈴木浩子常勤教授も寄稿しています。

 概 要

■タイトル:『キャリア形成支援の方法論と実践』
■発 行 日:平成29年(2017年)11月30日(木)
■著  者:菅原 良(明星大学・特任教授)
      松下慶太(実践女子大学・准教授)
      木村拓也(九州大学大学院・准教授)
      渡部昌平(秋田県立大学・准教授)
      神崎秀嗣(秀明大学・教授)     編著
■発 行 所:東北大学出版会
■版  型:A5判/342頁
■価  格:3,300円(税別)