前のページに戻る

通信教育部2018年度4月生入学説明会—全国各地で計35回開催—

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【通信教育部事務室】

 本学の通信教育部では大学卒業資格や教員免許状・資格の取得等のために多くの学生が学んでいます。学生募集は4月生と10月生に分けて行われ、例年12月下旬から新年度4月生の出願受付が始まります。
 2018年4月生の出願受付に先立ち、11月25日(土)に「通信教育部入学説明会」を本学で開催しました。今回が初回の入学説明会となり、3月末までの期間に全国各地で計35回の入学説明会を開催する予定です。

説明会のようす

全体説明のようす

 説明会の内容は全体説明と個別相談に分かれます。
 前半は、通信教育部の概要、入学コース、学習方法などの全体説明があり、その後、ご希望に応じて通信教育部職員による一対一の個別相談を行います。個別相談では個々の学修歴に応じたきめ細やかな説明を行い、希望する資格等取得のためのスケジュールや費用などのご案内を行っています。
 通信教育部に関する詳細や、入学説明会の日程などは下記「関連リンク」をご覧ください。

個別相談のようす

◆明星大学通信教育部について

 大学通信教育は向学心をもちながらも地理的・時間的制約などがあり、その実現に困難を伴う人たちの期待に応えようとする正規の大学教育課程です。
 明星大学では1967年に通信教育部を設置。主に社会人等を対象として大学教育を行い本年で50周年を迎えました。多くの学生は教員免許状の取得を希望しており、学校教育の現場に多くの通信教育課程修了者を輩出しています。
 また、1999年には日本で最初となる通信制大学院も設置し、現在では通信教育部全体で約7,000名の学生が学んでいます。