スマホ向け表示

前ページへ戻る

【理工学部】環境科学系「自立と体験2」で緑地管理実習を実施しました

2017.10.23  【理工学部支援室】

 2017年10月9日(月)、環境科学系1年生が必修科目「自立と体験2」の一環で東京都日野市東光寺緑地保全地域にて地元ボランティアの指導の下、緑地管理作業(竹切りと草刈)の実習を行いました。

実習に参加した中嶋信人さんの話

 草刈は以前体験したことがあったためスムーズに進みましたが、竹切りは初めてだったので少し苦戦しました。竹を切るときは3人1組で1本の竹を担当します。2人が竹の両側からのこぎりで節の上を切り、1人が意図しない方向に倒れないよう竹を押さえます。人がいないことを確認して竹を倒し、細かい枝を取り除いたあと、竹炭にするため1.2メートル間隔で分割しました。私たちのグループは1本切るのに20分ほどかかってしまいましたが、ボランティアの方々は10分以内で作業を終えてしまうことに驚きました。
 今回の実習を通して、竹を1本切るのにも仲間との協力が不可欠であることを学びました。協調性を身につけて、次の実習にも取り組んでいきたいと思います。
「自立と体験2」緑地管理実習 竹切りの様子
「自立と体験2」緑地管理実習 草刈の様子

このページの先頭へ戻る