スマホ向け表示

前ページへ戻る

【人文学部】国連UNHCR 難民映画祭 大学パートナーズ特別上映会のお知らせ(11月18日)

2017.10.17  【人文学部支援室】

 2017年11月18日(土)、本学にて『ノーウェア・トゥ・ハイド』の特別上映会を行います。この上映会は、国際コミュニケーション学科の選択科目である「映像翻訳フィールドワーク」の学生が企画・運営・宣伝などを行います。

 このフィールドワークは、映画やドラマなどで目にする字幕を中心とする「映像翻訳」について学ぶ実践型授業です。前期講義で映像翻訳の基礎を学び、それを活かして8月末の夏期集中講義期間中に1本の長編映画に字幕をつけました。その作品が『ノーウェア・トゥ・ハイド~あるイラク人看護師の記録』です。

 この作品は、UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)駐日事務所などが主催する「国連UNHCR難民映画祭」で上映されるドキュメンタリー作品です。当日は映画の上映だけではなく、ゲストとの対談も予定しております。今回のゲストはいとうせいこう氏です。いとう氏は、2016年4月から「国境なき医師団」の取材を行われております。今回学生が字幕をつけた『ノーウェア・トゥ・ハイド ~あるイラク人看護師の記録~』で映し出される現場に近いものを、直に体験されてきたいとう氏と、国際コミュニケーション学科の学生との対談も行われます。

開催概要

日時:2017年11月18日(土)
   12時30分開場・13時00分開演
会場:明星大学28号館112教室
運営:人文学部国際コミュニケーション学科 映像翻訳フィールドワーク
後援:UNHCR駐日事務所、国連UNHCR協会
料金:無料

このページの先頭へ戻る