スマホ向け表示

前ページへ戻る

【理工学部】機械工学系の学生が「第15回 全日本学生フォーミュラ大会」に参加しました

2017.09.28  【理工学部支援室】

 2017年9月5日(火)から9日(土)にかけて、小笠山総合運動公園(エコパ)にて開催された「第15回 全日本フォーミュラ大会」に機械工学系の学生を中心に構成される「明星大学フォーミュラカープロジェクト(STAR2017)」(4年生6名、3年生6名、2年生4名)が参加しました。年々参加チームが増えるなか、今年度は全94チーム中総合順位65位という結果になりました。

2017年チームリーダー小倉洋平さんの話

 昨年は車検に時間がかかり、全4種目(アクセラレーション、スキットパッド、オートクロス、エンデュランス)ある動的審査が1種目しか走れなかったため、今年は動的審査完走を目標に徹底した車検対策を行いました。チーム内での模擬車検の実施、試走会において車検員に車体を点検してもらうなど、可能な限り準備を重ねて本番に臨みました。
 迎えた大会当日、動的審査は4種目全てに出場することができましたが、最終種目(エンデュランス)での車体故障により完走はならず、昨年より高得点を出しても順位が落ちてしまうという厳しい結果になってしまいました。目標達成目前での車体故障と大会を通じて他大学の実力の向上を痛感し、とても悔しい思いです。
 リーダーとしてプロジェクトに参加した1年間は車体の加工やブレーキテスト、トラブルによる部品の交換等、困難な課題がたくさんありました。
 来年はエンジンの変更という大きな挑戦とそれに伴う多くの困難があると思います。後輩たちには目標に向かってがんばってほしいです。

2018年チームリーダー石黒博史さんの話

 今年の大会に参加して、他大学の実力が上がっていることを実感しました。
 来年は順位の向上を目指し、排気量の多いエンジンに変えて挑みます。残りの1年間でエンジン周りを中心とするフレームの改良や、ライバルに勝つための課題を着実に解消し、総合順位25位入賞を実現したいと思います。
「第15回 全日本学生フォーミュラ大会」
「第15回 全日本学生フォーミュラ大会」
「第15回 全日本学生フォーミュラ大会」
「第15回 全日本学生フォーミュラ大会」

このページの先頭へ戻る