スマホ向け表示

前ページへ戻る

【経営学部】伊藤ゼミとディップ株式会社の新事業創出活動の成果発表会が紹介されました

2017.08.21  【経営学部支援室】

 経営学部の伊藤智久准教授のゼミナールでは、「『事業創造力』を身につける」をテーマに、体験を通した学習を行っています。

 2017年度は、「バイトル」などのサービスで知られるディップ株式会社(東京都港区)と、新事業創出に向けた活動に取り組んでいます。8月17日にその成果の発表会が開催され、伊藤ゼミの学生(経営学部・3年)計14名が、制作した新サービスの試作品やビジネスプランを発表し、その模様が同社「内定者ブログ」で紹介されました。

 2017年4月から8月までの4ヶ月間、伊藤ゼミの学生チームごとにディップ株式会社の社員がメンターとなり、学生チームに対するメンタリングを実施していただきました。学生たちは、何度も試行錯誤を繰り返しながら、顧客から求められる新奇性のある事業を検討してきました。

 成果発表会では、学生チームからの発表内容について、ディップ株式会社次世代事業準備室・進藤圭室長たちに審査いただきました。審査の結果、最優秀チームに選ばれたチームには、ディップ株式会社の協力のもと、デモサービスを実際に世にリリースする権利が贈呈されました。

 今後は、デモサービスのリリースに向けて、学生たちとディップ株式会社で、さらなるサービス開発に取り組んでいきます。

▼成果発表後のディップ株式会社の皆様との記念撮影

成果発表後のディップ株式会社の皆様との記念撮影

▼制作した新しいアプリサービスの試作品説明

制作した新しいアプリサービスの試作品説明

▼発表に対するディップ株式会社の皆様からのフィードバック

発表に対するディップ株式会社の皆様からのフィードバック
発表に対するディップ株式会社の皆様からのフィードバック

▼優勝チームに対する賞品授与

優勝チームに対する賞品授与
優勝チームに対する賞品授与

▼ディップ株式会社・進藤室長からのメッセージ

ディップ株式会社・進藤室長からのメッセージ

▼伊藤ゼミの学生と伊藤准教授の記念撮影

伊藤ゼミの学生と伊藤准教授の記念撮影

このページの先頭へ戻る