スマホ向け表示

前ページへ戻る

【理工学研究科】環境システム学専攻の学生が国際学会で研究発表をしました

2017.08.07  【理工学部支援室】

 2017年7月23日(日)から27日(木)、環境システム学専攻 博士前期課程・2年生 山田泰地さん(田中修三研究室)が、タイ・コンケンにて開催された「第13回アジアバイオテクノロジー会議」(主催:アジアバイオテクノロジー協会)で研究発表をしました。
 山田さんは2017年3月にもインド・ニューデリーで開かれた国際会議で発表をしています。

研究発表タイトル:

「Simultaneous Saccharification and Co-fermentation of Holocellulose by a Hybridized Yeast FSC Strain」(ハイブリッド酵母FSC株によるホロセルロースの並行複発酵)

概 要:

キシロース発酵能を賦与したハイブリッド酵母FSC株を用いて、ホロセルロース基質からキシロース(五炭糖)とグルコース(六炭糖)を同時に発酵し、エタノールを生成する並行複発酵プロセスについて調べた。

このページの先頭へ戻る