スマホ向け表示

前ページへ戻る

【人文学部】人間社会学科 天野教授の企画による「絆シンポジウム2017」が開催されました

2017.07.28  【人文学部支援室】

 人間社会学科の天野教授が企画し、事務局を務めた「絆シンポジウム2017 ─地域や組織の壁を越えた助け合いの方法論─」が、慶應義塾大学大学院SDM研究所長の西村秀和先生の主催で、2017年6月11日(日)に開催されました。

 行政、企業、NPO・NGOの他にも、県会議員、区議会議員、市議会議員など、様々なセクターから災害に関心のある方々約80名が参加し、長時間にわたって熱い講演・議論を行いました。

※当日のスケジュールはこちら

 各スピーカーの講演内容およびパネルディスカッションのダイジェストは、以下のURLよりご覧いただけます。
・大規模災害対応:マンションでの帰宅困難者受け入れ取り組み リバーパーク汐入町内 トキアス管理組合\
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2227.html
・’帰宅困難者対策’が防災・被災対応体制づくりを自分コト・社会コトへの入り口:『災害復興法学』著 岡本正氏
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2228.html
・渋谷区の帰宅困難対策に学ぶ!避難所案内の新たな取り組みは、アーチストがつくる「矢印サイン」まで
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2229.html
・大阪府と観光関連事業者との災害時における来阪外国人旅行者の安全確保への取り組みは、帰国まで
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2230.html
・現行サービス情報の災害対策活用:ナビタイムジャパンの観光客の災害対策
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2231.html
・絆シンポジウム2017パネルディスカッション:民間避難所をめぐるビジネスモデルの可能性
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2232.html
・大規模被災直後混乱期の対応 信頼を繋ぐシステムを探るー牧慎太郎氏、避難所・義援物資流通システムー天野徹教授
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2233.html
・何故、西宮市行政対応は早かったのか?阪神大震災直後に活きた、統合的に活用できる住民基本台帳と連動する位置表示情報による表示管理システムが!
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2234.html
・阪神大震災で有効だった震災業務システム普及の障害、狭山市での活用 :被災者支援システム全国サポートセンター 吉田稔氏
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2235.html
・避難所情報収集システムおよび義援物資マッチングシステムについて
https://youtu.be/3_Wn3mzbzao

このページの先頭へ戻る