スマホ向け表示

前ページへ戻る

【デザイン学部】吉岡准教授が「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2017」に出展します

2017.07.11  【デザイン学部支援室】

 2017年7月28日(金)、29日(土)、パシフィコ横浜で開催される「ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2017」に、デザイン学部吉岡准教授が「Active Art リハビリテーションプログラム」として新たに研究開発したリハビリテーションのためのアートプログラムデバイスを出展します。VRデバイスを活用した「立ち上がって空に描こう!」のプログラムは、協力病院におけるリハビリテーションで実践されており、リハビリテーションの単純繰り返し動作に対する患者のモチベーションを維持する効果が見込まれます。

 ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド(愛称:ヨッテク)は、横浜市総合リハビリテーションセンターおよび社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団が主催するリハビリテーション・福祉の総合イベントです。リハビリテーションや福祉、介護に関わるさまざまな最新情報・ノウハウを、見る・さわる・遊ぶ・考えることを通して広く発信しています。
案内チラシ1
案内チラシ2

このページの先頭へ戻る