スマホ向け表示

前ページへ戻る

【経営学部】佐々木ゼミ3年生 オープンイノベーション2017をキックオフ

2017.06.28  【経営学部支援室】

 経営学部 佐々木ゼミ3年生が、6月21日(水)にオープンイノベーション2017(旧・知財活用アイデア全国大会)のキックオフ・ミーティングを開催しました。富士通と多摩信用金庫から担当者の方が来校され、事業の概要、提供される開放特許、今後のスケジュール等についてご説明いただきました。

 オープンイノベーション2017は、富士通の開放特許を活用した商品アイデアを考え、「地域中小企業の新事業につながる斬新な商品の創出」を目指すプロジェクトで、優秀な企画には商品化への道が開かれます。すでに楽天市場で販売されている商品もあり、まさに現在進行している企画もあります。

 学生たちは毎月、富士通と多摩信用金庫、地域の中小企業、自治体系産業振興機関からご指導をいただきながら企画を進め、11月開催の大会での優勝を目指します。大会優勝だけでなく、実際に多摩地域の中小企業に採用していただける企画を提案することが最終目標です。

 昨年度は、チーム『POTATO』(代表 東原、緒方、熊谷、丸尾、山本)が多摩地区大会で優秀賞を受賞し、全国大会出場13チームの一つに選ばれました。
オープンイノベーションの様子
オープンイノベーションの様子
オープンイノベーションの様子

このページの先頭へ戻る