スマホ向け表示

前ページへ戻る

【デザイン学部】台湾第36回YODEX見学ツアーを実施しました

2017.06.06  【デザイン学部支援室】

 デザイン学部では国際交流を促進するため、2017年5月20、21日にデザイン学部教員4名(西本剛己教授(学部長)・浅井治彦教授・土田俊介准教授・武藤努准教授)とデザイン学部3年生の12名で台北のワールドトレードセンターを訪れ、台湾中のデザイン学部の学生の卒業制作が一堂に展示される第36回YODEX(ヤングデザイナーズ・エキスポ)を見学しました。

 このツアーは、2016年から実施しており、YODEXの会場では、国際交流協定を締結している樹徳科技大学デザイン学部の学生たちが、本学デザイン学部の学生たちのために、ひとつひとつ熱心に卒業制作のコンセプトなどを説明してくれました。また、両校の教員同士も今後の国際交流について前向きで有意義な話し合いができました。

 YODEXは台湾の約100の大学が集まる世界最大規模のデザイン展で、樹徳科技大学はその会場でも最も大きなブースをもっており、作品のレベルも高く、本学デザイン学部の学生にとって大きな刺激となりました。

 翌日は、台湾デザインセンターを訪問し、わずか2日間とは思えないほど充実したツアーとなりました。
台湾第36回YODEX見学ツアーの様子
台湾第36回YODEX見学ツアーの様子
台湾第36回YODEX見学ツアーの様子
台湾第36回YODEX見学ツアーの様子
台湾第36回YODEX見学ツアーの様子

このページの先頭へ戻る