スマホ向け表示

前ページへ戻る

【学友会/体育会男子籠球部】第66回関東大学バスケットボール選手権大会 初のベスト16入り!

2017.05.17  【学生サポートセンター】

 第66回関東大学バスケットボール選手権大会において、明星大学男子籠球部が創部以来初のベスト16入りを果たしました。
 ベスト16入りをかけた順天堂大学(2部7位)戦では、シェッラ・ママドゥ選手、水谷槙之介選手(いずれも国際コミュニケーション学科1年、延岡学園高等学校出身)の新戦力の躍動と、キャプテン丹野合気選手(国際コミュニケーション学科4年作新学院高等学校出身)の30点を上げる活躍で、大接戦を制しました。
 続く東海大学は、日本代表選手も多数名を連ねる強豪校。190cm以上の大型選手も多く、監督もU-24の日本代表ヘッドコーチを務めるまさにトップチーム。2ピリオドで差を付けられましたが、後半のみのスコアでは相手を上回り、負けはしたもののチームの自信につながりました。
 その後の順位決定戦では、6連戦の疲労が蓄積し厳しい状況の中、最後まで戦い抜きました。
 結果は関東で16位。悲願のベスト16入りとなりました。
明星大学男子籠球部
第66回関東大学バスケットボール選手権大会の様子

このページの先頭へ戻る