スマホ向け表示

前ページへ戻る

【人文学部】オープンキャンパスを開催しました

2017.04.26  【人文学部支援室】

日本文化学科 オープンキャンパスの様子

 2017年4月23日(日)に、本学にてオープンキャパスが開催されました。日本文化学科は学科説明会・入試対策講座、体験授業を行いました。

 説明会・入試対策講座では、教員による全体説明・入試のポイント解説のあと、学生スタッフが、受験生の当時を思い出して受験前の入試対策や入学前の準備、また大学生活の楽しさや希望について、体験をふまえて話をしました。

 向後先生の体験授業「浮世絵から見る日本とヨーロッパ」では、江戸文化の華として語られる浮世絵が、当時のヨーロッパの文化とも相互に交流している様子が解き明かされました。

 前田先生の体験授業「僧侶の恋歌」では、一見、結びつきにくい僧侶と恋歌という組み合わせが前近代日本においては普通に見られたことから、和歌というものが自己を演ずるものであり、演ずる時の約束が題であり、この題さえあれば、男女返信も老若交替もありうるのだ。これが古典的世界であり、この世界を壊したのが近代社会なのだ、と語られました。

 ふだんの大学の授業を凝縮した空間のなかで、来場者の方々も熱心に耳を傾けていました。

 学科イベントコーナーでは、学科についてのより詳しいパネル展示を前に、より親密な空間での個別相談や、落語・講談研究会の学生による講談※の実演、またお茶の饗応がおこなわれました。来場者の方々が、学生スタッフと打ち解けて話す姿も多く見受けられました。

 次回のオープンキャンパスは、5月28日(日)です。

※講談(こうだん)とは寄席演芸の一つで、軍記や武勇伝などをおもしろく調子をつけて読んで聞かせる話芸のことです。
日本文化学科 オープンキャンパスの様子
日本文化学科 オープンキャンパスの様子
日本文化学科 オープンキャンパスの様子

福祉実践学科 オープンキャンパスの様子 【4月27日追記】

福祉実践学科では、「学科説明会」、「入学試験アドバイス【AO入試について】」「里親さん(体験授業)」および「学生トーク【受験対策・学生生活について】」を行いました。

「入学試験アドバイス」では、AO入試の内容やエントリーシート作成にあたり、自分の強みや志望動機、大学で学びたいことの書き方にについて説明がありました。また、在学生が試験準備の留意点などを話しました。

体験授業「里親として生きること」では、血のつながらない子どもを育てる里親さんの存在を、実際の里親さん家族の姿も交えながら、説明がなされました。高校生にとっては保護者の愛情が、保護者の方にとっては子育て中の思いが伝わってくるような体験授業となりました。

「学生トーク」では、在学生が受験動機や学科に入学してからの感想、フレッシュマンキャンプ、サークル、ボランティア活動等の話をしました。今回は、6月開催される「学科の第二の入学式」である「フレッシュマンキャンプ」、ボランティアサークル「メルシー」の活動内容について報告がありました。福祉実践学科では、フレッシュマンキャンプや「メルシー」を通じて、先輩後輩のつながりが強く、それが伝わったオープンキャンパスではなかったでしょうか。

会場では、各分野で活躍する卒業生の紹介パネル、タッチパネルを使用した「あなたにおすすめの福祉のキャリア」もあり、入学後だけではなく、卒業後の進路も考える機会となったようです。

次回のオープンキャンパスは、5月28日(日)に開催の予定です。
福祉実践学科 オープンキャンパスの様子
福祉実践学科 オープンキャンパスの様子
福祉実践学科 オープンキャンパスの様子

人間社会学科 オープンキャンパスの様子 【4月28日追記】

 2017年4月23日(日)に本学で開催したオープンキャンパスにおいて、人間社会学科では、「学科説明会」および「ジンシャのゼミを体験しよう!」を行いました。

 「学科説明会」では、「人間社会学科のアドミッションポリシー・育てたい学生像」についてお話をし、少人数ゼミが一年から四年まであること、社会学の各分野の専門科目と応用科目を広くかつ深く学べること、社会調査士の資格を学科の科目のみで取得できること、フィールドに出る機会も多いことなどをお話ししました。もちろん、卒業生の多彩な就職先もご紹介しました。

 「人社のゼミを体験しよう!」では、学生スタッフも加わり高校生グループ2つ、保護者様グループ1つで、社会に無数にあるルール「社会規範」について社会学の短い文章を読み、ディスカッションをしました。これはまさに鵜沢ゼミ2年の最初に行うゼミの内容で、学生たち同様参加してくださった皆さんも社会学の面白さを感じて下さったようでした。
 たとえば電車内の行為に限定して考えてみましょう。お化粧をしないという「慣習」(従わない場合奇異に見られてもお咎めなし)、電話をかけ(続け)ないという「習律」(従わないと注意されるといった非公式の制裁有り)、暴力・痴漢行為をしないという「法」に関わるもの(従わないと公式の制裁を受ける)。社会規範にもいろいろなレベルがあり、また世代、時代、国、文化などによっても違うことを賑やかに話し合いました。また、途中からは参加者の皆様からのご質問を受けたり、学生生活についてスタッフが話したりと和やかな雰囲気のうちにオープンキャンパスを終了しました。

 次回のオープンキャンパスは、5月28日(日)の予定です。
人間社会学科 オープンキャンパスの様子
人間社会学科 オープンキャンパスの様子

このページの先頭へ戻る