スマホ向け表示

前ページへ戻る

【人文学部】人間社会学科 天野教授の研究内容が「地域防災データ総覧」に掲載

2017.03.17  【人文学部支援室】

 災害時に支援リソースの最適配分を実現するための情報システム・社会システムについて—東日本大震災・熊本地震における支援活動の経験を、次の大災害で活かすために—と題し、次の災害に備えて天野研究室が構築した新しいシステムの活用について寄稿しています。
 本文では、過去の災害におけるボランティアの活動や支援物資の流れなどを細かく分析し、被災地の情報共有や人・物資のマッチングの重要性と活用方法について新たな提案を行っています。

「地域防災データ総覧 平成28年熊本地震編」
発行:一般財団法人 消防防災科学センター
※発行元の使用許可を得て画像を掲載しています。

※発行元の使用許可を得て画像を掲載しています。

このページの先頭へ戻る