スマホ向け表示

前ページへ戻る

【情報学部】「CompTIA」の座談会を行いました

2017.01.27  【情報学部支援室】

 2017年1月26日(木)、ITの人材育成を行う業界団体「CompTIA(コンプティア)」の米国本部スタッフが来日し、情報学部の教職員および学生との座談会を行いました。

 今回来日したのは、James Stanger(ジェームス・スタンガー)氏で、教育、ネットワークセキュリティ、Webテクノロジー、オープンソースといった、ITと認定資格の分野に20年以上従事されているとのことです。

 座談会は、前半を教職員との意見交換、後半を学生との質疑応答形式で行いました。
教職員との意見交換では、日米それぞれで特有の課題やそれぞれの差異について意見を交わし、また、学生との質疑応答では、就職を目前とする4年生に向けたメッセージをいただくなど、ユーモアを交えながら終始なごやかな会となりました。

※情報学部では、IT資格である「CompTIA ITF」(入門レベル)や、「CompTIA A+」(応用レベル)を課外の集中講座で採り入れています。また、IT企業で働く社会人と情報学部学生との交流会「アカデミック・ミーティング」や、3年生対象の特別プログラム「CompTIA夏期課外特別講座」など、IT人材の育成のために「CompTIA」と協力しながら様々な取り組みを行っています。

このページの先頭へ戻る