前のページに戻る

【人文学部】国際コミュニケーション学科 菊地滋夫ゼミ「Africafe」を開催しました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【人文学部支援室】

 人文学部国際コミュニケーション学科・菊地滋夫ゼミ所属の学生が、2016年12月12日(月)から16日(金)まで12号館カフェStar★ShopsにてAfricafeを開催しました。

 最終日の「Twilight Africafe」では、Winchester Nii Tete Boye & Daniel Nii Boi Boye(ウィンチェスター・ニテテ・ボーイ&ダニエル・二ボイ・ボーイ)とスペシャルゲストのダンサーJoe Mensah(ジョー・メンサ)によるガーナの伝統的な打楽器「パンロゴ」のリズムと伝統舞踊を堪能しました。
 最後は、ゼミ所属学生だけではなく、留学生や他の学生も交えてみんなでリズムに合わせて踊り、気持ちが一つになりました。

 おいしい料理や伝統的な音楽と踊りを通じて、アフリカの文化に直接触れることができ、アフリカの素晴らしさを実感する貴重な体験となったのではないでしょうか。

「Africafe」の様子

「Twilight Africafe」の様子