前のページに戻る

【情報学部】第37回全日本マイクロマウス大会「マイクロマウス2016」を開催しました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【情報学部支援室】

 2016年11月18日(金)から20日(日)の3日間、明星大学にて、第37回全日本マイクロマウス大会「マイクロマウス2016」が開催されました。

 マイクロマウスとは、運動性能と人工知能を組み込んだ小型自律ロボットです。
迷路状のコースや、定められた白線上のコースを高速で自律走行し、計測速度を以下の3つの競技でそれぞれ競います。

【競技種目】
・マイクロマウス・ハーフサイズ競技
・マイクロマウス・クラシック競技
・ロボトレース

 大会は、競技者のみによる18日(金)の試走会、19日(土)の予選、20日(日)の決勝と3日間行われ、近年では最多の393台のロボットが参加し、一般観戦者も約300名を超す盛況となりました。

 本学からは、情報学部飯島研究室の学生と、理工学部山崎研究室の学生が競技に参加しました。
また、情報学部川原准教授が長期にわたり指導を行った日野市立三沢中学校の生徒も競技に参加しました。

大会概要

■会場:明星大学 日野校 体育館
■主催:公益財団法人ニューテクノロジー振興財団
■共催:明星大学
■運営:マイクロマウス2016実行委員会 [実行委員長:飯島純一(明星大学)]
■定員:制限なし
■料金:無料
■問い合わせ先:公益財団法人ニューテクノロジー振興財団 大会事務局
■TEL:03-6805-6081
■メールアドレス:mouse@ntf.or.jp