スマホ向け表示

前ページへ戻る

【教育学部】秋田県五城目町における学生の活動が、地元メディアの取材を受けました

2016.11.18  【教育学部支援室】

 2016年10月24日(月)、教育学部教育学科の学生・黒木歩さん(3年・美術コース)・佐久間和さん(3年・教育学部教育学科国語コース)の2名が、「教育実践ゼミ」や「中等教育方法学」の活動の一環として、秋田県立五城目高校の2年生(97名)を対象にワークショップ授業を行い、地元メディア(新聞社1社、テレビ局2社)からその活動についての取材を受けました。うち、掲載・放送がされたものは以下の通りです。

【媒体・放送日】

・秋田魁新報(2016年11月5日)の新聞記事
・ABS秋田放送 「news every.」(2016年11月9日 午後6時15分から7時の間 秋田県内のみ)
・AKT秋田テレビ 「みんなのニュース」(2016年11月9日 午後6時14分から7時の間 秋田県内のみ)

【内容】

 この授業は、昨今注目を浴びている主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)のひとつ、インプロ(即興演劇)を組み入れた手法で行われたもので、インプロを通じて高校生が普段とは異なる自他の一面に出会い、「頭ひとつ分の背伸び」を経験することを目的としています。
 なお、以上の授業計画・準備・実践は、明治大学・東京学芸大学の学生や地域おこし協力隊、社会起業家の方々と連携した協働プロジェクトによるものです。

活動の様子

このページの先頭へ戻る