前のページに戻る

【経営学部】経営学部の授業において株式会社レアジョブ代表取締役中村岳氏をお招きしました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【経営学部支援室】

 経営学部経営学科の授業「ビジネスプラニング」で、株式会社レアジョブの代表取締役中村岳氏をお招きしました。

 株式会社レアジョブは、従来の英会話スクールにイノベーションを起こした企業です。フィリピン国立大学の大学生が講師となり、skypeでつながって英会話のレクチャーを受けるというビジネスモデルです。自宅にいながら、早朝から深夜まで英会話のレッスンが受けられるという利点を有しています。さらに、レッスン代は最も安いコースで1回当たり25分で129円という価格を実現して急成長している企業です。

 中村社長からは、起業準備の段階から起業したあとのリスク管理、成長段階における安定策、そして今後の展望まで株式会社レアジョブの起業プロセスのすべてをお話しいただきました。学生たちは、日本人が英語を話せないという現状と、英語を話せるようになりたいと思う人とのギャップの大きさに着目したビジネスに、大変感銘を受けていました。

 また、今回の講演を通して、学生たちは英会話の重要性を再認識したようです。講演後には、レアジョブのレッスンなどを利用しながら、英会話を勉強したいという学生が数多く見受けられました。
 今回の講演は起業の学びになると同時に、英会話の勉強のきっかけにもなったと思います。

 中村岳社長、本当にありがとうございました。