前のページに戻る

【人文学部】国際コミュニケーション学科 明星小学校とのイベントを開催しました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【人文学部支援室】

 10月20日(木)に、本学で国際コミュニケーション学科および国際教育センターによる「2016 国内留学 in 明星大学」を開催しました。

 当日は、明星小学校から87名の小学5年生が4つのグループに分かれて、大学の授業見学や参加をして英語を学びました。
Aグループでは、ハロウィーンにちなみ、人間の体のパーツ「骨“Bones”」を テーマに、骨に関する知識や歌のアクティビティをしながら英語を学びました。
Bグループでは、大学生と一緒に外国人講師による英語の授業に参加し、いろいろな国の出身の先生方と英会話に挑戦しました。
Cグループでは、「英語でコミュニケーション!」という内容で、 小学生が先生や外国人講師、大学院生に英語やボディーランゲージを使って「伝えることの楽しさ」を学ぶ 授業を行いました。
Dグループでは、シェイクスピアの「ハムレット」の有名なセリフや映像を用いて、英語の起源や歴史について学びました。
午後からは、大学生が英語の授業を行う「サマースクール」や「学校探検スタンプラリー」に参加しました。

 小学生にとっては習ってきた英語を使うとても良い機会に、学生にとっても教えあいながら学ぶことができた有意義な授業となったようです。