スマホ向け表示

前ページへ戻る

【理工学部】機械工学系「創造工作実習」で製作したスターリングエンジンが完成

2016.08.12  【理工学部支援室】

3年生の集中講義「創造工作実習」は濱口和洋教授(機械工学系)の指導のもとスターリングエンジンを製作する授業です。スターリングエンジンとは外部から熱を与え、中の空気を膨張・収縮させて発生する圧力変化によって動力を得るエンジンです。この講義では学生が一から考えて設計し、組み立てが完了したエンジンに熱を与え、正確に稼働するまでを目標にしています。今年は10台のエンジンが完成しました。

このページの先頭へ戻る