前のページに戻る

【理工学部】総合理工学科物理学系 佐藤勝彦客員教授が「講書始の儀」で講義を行いました

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【理工学部支援室】

平成28年1月12日(火)、天皇皇后両陛下が人文科学・社会科学・自然科学の分野における学問の権威者から講義を受けられる「講書始の儀」において、
物理学系 佐藤勝彦客員教授が「宇宙はどのように始まったのか?—現代物理学が描く創世記—」をテーマに進講しました。