前のページに戻る

【人文学部】日本文化学科 田村良平(村上湛)教授の演出監修による能「墨染櫻」が上演されます

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【人文学部支援室】

 室町時代に作られながら完全版が廃絶した、尼姿の桜の精を主人公とする能「墨染櫻(すみぞめざくら)」が京都で再演されます。初演に続き、田村(村上)教授が演出を担当しています。

■日時:2016年5月29日(土)12時30分開演
■場所:京都観世会館
■演目:復曲能「墨染櫻」シテ:片山九郎右衛門
■演出:村上湛