スマホ向け表示

前ページへ戻る

【理工学部】生命科学・化学系 須賀則之准教授が「第6回高次クロマチン研究会(BCC6)」を主催しました

2015.09.24  【理工学部】

平成27年9月10日(木)~12日(土)、八王子セミナーハウスで総合理工学科 生命科学・化学系 須賀則之准教授が「第6回高次クロマチン研究会(BCC6)」を主催しました。

「高次クロマチン研究会」の英名は「Beyond the Chromatin Club」でBCCと呼ばれています。ヒトをはじめとする真核生物ゲノムの構造体であるクロマチンの構造と機能から生命現象の解明を目指した研究会です。
今回、全国の8大学11研究室から36名が参加し、本学からは須賀則之研究室の大学院生2名・4年生2名、香川亘研究室の大学院生3名、清水光弘研究室の大学院生3名が研究成果を発表しました。活発なディスカッションが展開され、他大学研究室との研究交流が行われました。

このページの先頭へ戻る