前のページに戻る

広告掲載(日本経済新聞)について

【広報室】

明星大学を一人でも多くの方に知っていただきたい。
という思いから、平成26年9月22日(月)の日本経済新聞に広告出稿を行いました。

日本経済新聞には平成24年7月より継続して広告出稿しています。

第15回目にあたる今回は、本年10月末にリニューアルオープンする資料図書館の貴重書閲覧室で、「井出 知美(いで ともみ)さん(教育学部教育学科1年在籍)」を撮影しました。
広告は『新・貴重書閲覧室 私とシェイクスピアの出会い。』をタイトルに、
本物に触れ、実際に体験することで、学生が主体的に感じ、考えることを大切にしてきた本学の教育方針「体験教育」について語っています。

2014年、いよいよ大学創立50周年の年を迎え、様ざまな周年事業を実施しています。
なかでも、世界的に貴重な蔵書や資料を所蔵する資料図書館のリニューアルは、周年事業の目玉の一つです。今回の広告の撮影場所「資料図書館貴重書室」は、ガラス貼りのスケルトン構造の閲覧室です。国内外から来学する研究者は、この室内で資料を閲覧し、また明星大学の授業もここで行われます。
学生が研究者の作業・活動する姿を間近に見ることで知的好奇心を刺激します。
資料図書館では今秋完成を目指して企画展や歴史資料展示等の準備を進めています。

今後とも「教育の明星大学」を知っていただくために様ざまな活動をして参ります。
皆さまの温かい応援をお願いいたします。

広告掲載 概要

【掲載日】
 平成26年9月22日(月)
【媒 体】
 日本経済新聞 朝刊(首都圏)
【掲載面】
 14面 10段4色カラー