前のページに戻る

8月19日からの大雨に係る災害救助法適用地域に学費支弁者が居住している学生への支援措置について

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【学生サポートセンター】

8月19日からの大雨に係る災害救助法適用地域に学費支弁者が居住している学生を対象に学費減免等の支援措置を行ないます。該当する学生は、学生サポートセンター(日野校)、青梅事務室(青梅校)まで申し出て下さい。
                      記
1.対象者(資格)
 以下の〈1〉~〈3〉の要件を全て満たす在学生とする。
 〈1〉明星大学通学課程に在籍している学生。
   ※明星大学通信教育部及び通信制大学院学生、並びに委託生、科目等履修生、聴講生及  
   び研究生は対象になりません。
 〈2〉 8月19日からの大雨に係る災害救助法適用地域(広島県広島市)に学費支弁者が居住している学生。
 〈3〉以下のいずれかを満たす者
  ・学費支弁者が災害で死亡した場合
  ・学費支弁者の居住する家屋が、災害により全壊/半壊/一部損壊等の損害を受けたもので罹災
   証明等により適正と認められる場合。
2.適用期間:支援は事由となる災害が発生してから1年以内のものに対して適用します。
                                            以上

                   問い合わせ先:学生サポートセンター/青梅事務室