スマホ向け表示

前ページへ戻る

朝日広告賞の受賞について

2014.07.24  【広報室】

学校法人明星学苑 明星大学(以下、本学/日野市程久保)は、朝日新聞社が主催する
『第62回 朝日広告賞「広告主参加の部」準教育・公共部門賞』を受賞しました。

受賞について

本学は「教育の明星大学」のブランド構築を目指し、本学の女子学生をモデルとして、これまで13の新聞広告作品を制作し、出稿してきました。
「教育の明星大学」をアピールする質の高い作品づくりを目指した結果、朝日新聞社が主催する『第62回 朝日広告賞「広告主参加の部」準教育・公共部門賞』を受賞しました。
朝日広告賞の部門は、業界ごとに分かれており、本学は「教育・公共部門」で準部門賞を獲得しました。
贈賞式は、2014年7月23日(水)、浜離宮朝日ホールにて実施されました。

朝日広告賞(朝日新聞社)について

1952年にスタートし、今回で第62回となる広告賞です。
2013年4月1日から2014年3月31日の間に朝日新聞に掲載された広告が対象です。
「広告主参加の部」では、エントリー総数358点の中から勝ち上がった169点が賞を争いました。
朝日広告賞・広告主参加の部の審査基準は「優れた広告活動」です。その時代の新聞における最も優れた広告活動が選ばれます。
また、10の部門賞が設けられ、幅広い業種の新聞広告にスポットが当てられています。

対象広告作品(『朝日新聞』 10段モノクロ)

朝日広告賞作品集より

このページの先頭へ戻る