前のページに戻る

広告掲載(日本経済新聞)について

このコンテンツは公開日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【広報室】

明星大学を一人でも多くの方に知っていただきたい。
という思いから、平成26年3月27日(木)の日本経済新聞に広告出稿を行いました。

日本経済新聞には平成24年7月より継続して広告出稿しています。

第12回目にあたる今回の広告は、本学のシェイクスピアホールにあるシェイクスピア像前にて、
教育学部教育学科子ども臨床コース1年在籍の「森田 明理(もりた あかり)さん」を撮影しました。

本学には、シェイクスピアの戯曲が数多く初演された劇場として有名なロンドンのグローブ座を模して造られた「シェイクスピアホール」があります。
このホールでは、イギリスの劇団を招聘し、シェイクスピア劇の公演を開催したり、学生がクラブ・サークル活動の一環で発表会を行ったりしています。

広告では、『私が綴る、人生という名の物語』をタイトルに、
本物に触れ、実際に体験することで、感じたり考えたりすることを大切にしてきた本学の教育方針「体験教育」について語っています。

2014年は、シェイクスピアの生誕450年にあたり、本学では創立50周年事業と合わせて様ざまな催しを予定しています。

いよいよ大学創立50周年の年を迎え、
今後とも「教育の明星大学」を知っていただくために様ざまな活動をして参ります。
引き続き、皆さまの温かい応援をお願いいたします。

広告掲載 概要

【掲載日】
 平成26年3月27日(木)
【媒 体】
 日本経済新聞 朝刊(首都圏)
【掲載面】
 38面 10段4色カラー