前のページに戻る

電気電子工学系学生が第5回大学コンソーシアム八王子学生発表会で準優秀賞を受賞しました

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【理工学部支援室】

先掲の「第5回大学コンソーシアム八王子学生発表会」(平成25年12月7日(土)八王子市学園都市センターにて開催)における、建築学系学生の受賞と共に、
総合理工学科電気電子工学系の学生2名が準優秀賞を受賞しました。

いずれも、一般部門口頭発表の部で受賞したもので、研究内容の独自性と、プレゼンテーションのわかりやすさなどが評価されたものです。

受賞者および発表タイトルは以下の通りです。
◆準優秀賞(第1セッション/電気・電子工学)
4年 渡邊 健斗(嶋好博研究室)
「特徴点マッチングと距離頻度分布を用いた距離検出に関する実験的研究」

◆準優秀賞(第2セッション/電気・電子工学)
4年 三ツ木 太朗(嶋好博研究室)
「撮影距離の異なる自動車画像からのナンバープレート抽出の一検討」