スマホ向け表示

前ページへ戻る

【中止のお知らせ】ハロウィン祭りin多摩センターへの明星大学経営学部出店について

2013.10.24  【経営学部支援室】

台風27号の影響で大雨強風が予想されるため、26日(土)・27日(日)に実施予定だった明星大学経営学部の「起業チャレンジ」模擬店出店は両日ともに中止となりました

以下、2013.10.15発信

明星大学経営学部は、平成25年10月26日(土)、27(日)の多摩センターで開催される「ハロウィン祭りin多摩センター」に正規の授業の一環として出店をします。

物販3ブースでは綿あめ、ソースせんべい、ポップコーンで広報1ブースの計4店舗です。この授業は疑似体験を通して、実際のビジネスを理解することを目的としたユニークな授業であり、明星大学経営学部では地域の支援で地域との繋がりをしっかりとアピールし、明星大学を子どものころから知ってもらい、ご家族にも知名度をあげ、また1年生、2年生で学んだ経営の理論を机上だけでなく、実践で体験することでビジネスに必要なスキルを磨きます。
具体的には、多摩センターで開催されるイベントへ出店するために必要な、出資、商品計画、プロモーション活動、販売、決算などの全ての学生自らが行います。
経営学部ではこのような体験型授業を通して経営学を学びビジネスに必要なスキルを磨きます。
1年生では八王子セミナーハウスで経営学部の学生内で商品を売り、2年生は明星大学の学園祭に出店し、3年生ではハロウィン祭りin多摩センターに出店します。ここで3年間を通じてさまざまな体験教育を行います。
このように大学生活を通し、机上で勉強したことを実践することで、学生自ら経営理論を体験することができるカリキュラムとなっています。 学生達がどれだけ努力しても結果に結びつかなかったり、チームのモチベーションを維持させることが難しかったりする等、苦労することも多くありますが、このような苦労や努力することを経験し、反省をし、知識を深め、次につなげていきます。この1年生から4年生まで通して行うことこそ、体験型授業の最大の特徴です。

このページの先頭へ戻る